寝酒は良くない!寝酒の問題点とは?

皆さん、夜眠れてますか?
眠れないときによくお酒を飲む人も多いと思います。寝酒です。

寝酒は良くない?

jiko_nezake

寝酒は、アルコールを短時間に多量摂取することで、脳の活動を抑える作用によりすぐに眠れる効果があります。
そのため、こうした寝酒の使い方が生まれました。
こうした寝酒の歴史は古くからあるようです。

寝酒をする人の割合

graph05_rittai3

日本人の寝酒をする人の割合を調査した結果によりますと、週1回以上寝酒をする人の割合は、男性48.3%、女性18.3%と、とても多い割合になっています。
さらに、寝酒の習慣があると、中途覚醒が多いことが分かった。

これは、寝つきを良くしようとアルコールを飲んでも、脳の活動を抑える作用が2.3時間で消失してしまい、後半の睡眠が浅くなってしまいます。
睡眠の質は良くないということです。

寝酒の問題点

suimin_mukokyu

さらに、寝酒をすると大きないびきをかく割合が非常に高くなります。
いびきは、眠りが浅いことを示します。
いびきがひどくなると、睡眠中に呼吸ができない睡眠時無呼吸症候群につながります。

他にも、寝酒をすると、ノンレム睡眠が増加し夢を見なくなります。
さほど、問題がないように思えますが、習慣的な寝酒をやめた際に、レム睡眠が急激に増えるため、悪夢を見る可能性が上がります。

このように、アルコールを睡眠薬として使うには問題点が多いとされています。