睡眠不足による過失の経済損失が10兆円!?

朝型の生活を無理に強いられている人はミスが多い

tsukareta_business_man

現代では、職種により朝型、夜型の人が存在します。
人によるとも言えますが、主に朝型の生活を無理に強いられている人は、ミスが多いです。

適切な休養を取らないでする仕事は逆効果です。
とんでもないミスを犯してしまう可能性があります。

1979年 スリーマイル島原発事故では、睡眠不足が原因でとんでもない事故に発展しました。

スリーマイル島原子力発電所事故は、1979年3月28日、アメリカ合衆国東北部ペンシルベニア州のスリーマイル島原子力発電所で発生した重大な原子力事故。想定された事故の規模を上回る過酷事故 である。国際原子力事象評価尺度 (INES) においてレベル5の事例である。

エクソンバルディーズ号原油流出事故も、睡眠不足が原因の甚大な事故となりました。

エクソンバルディーズ号原油流出事故は原油タンカーエクソン・ヴァルディーズが座礁により積荷の原油を流出させた事故。この事故はこれまで海上で発生した人為的環境破壊のうち最大級のものとみなされている。

日本でも、無理なスケジュールが原因の睡眠不足で事故が頻繁に起こります。
高速バスがその例です。

軽井沢スキーバス転落事故は、まだ皆さんの記憶に新しいかと思います。

軽井沢スキーバス転落事故は、2016年1月15日1時55分頃、長野県北佐久郡軽井沢町の国道18号碓氷バイパスの入山峠付近で、定員45人の大型観光バスがガードレールをなぎ倒して道路脇に転落した交通事故である。乗員・乗客41人(運転手2人、乗客39人)中15人が死亡(うち乗員は2人とも死亡)、生存者も全員が負傷し、バス事故としては1985年の犀川スキーバス転落事故以来の過去30年で最多の死者が出る事故となった。

実験では、徹夜をすると簡単な判断に要する時間が、ビール大瓶1本飲んだ状態に匹敵するほどかかることが確かめられています。

睡眠不足による経済損失が10兆円!?

osatsu_money_yamadumi

 

アメリカ合衆国では、睡眠による問題や事故の医療費による経済損失が1年間に10兆円に達するといいます。
日本でも、1年間に3兆円の経済損失に達します。

睡眠不足は絶対に治さなければなりません!
まずは、日本人の男性4人に1人女性10人に1人が悩まされているいびきを治されてはどうでしょうか。

当サイトでは、いびきに関するトピックを掲載しております。

いびき対策のおすすめグッズ

天使の寝息

この天使の寝息は、自身に負担を与えることなく、楽にいびきを抑えられます。

さらに、このまくらを使用すると肩こりも治るという一石二鳥の商品です。

使用者の97.1%が、この商品に高評価を寄せており、ネット上でも大絶賛されています。

まくらを高くし過ぎても、気道が狭まり、低くし過ぎても気道が狭まる。
そんな難しいまくらの高さをこの天使の寝息なら、調節せずともフィットし、一瞬でいびきを抑えられます。

おすすめの商品ですので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

えぞ式 すーすー茶

えぞ式 すーすー茶は、元は鼻炎・花粉対策、鼻づまり用のすっきり爽快なお茶として誕生しました。

ですが、鼻づまりを解決させることでいびき対策にもなるため、いびきにお悩みの多数の方に購入されています。

毎日飲んでいるお茶をこのお茶に変えて飲むだけでいびき対策になるため、三日坊主の方でも続けやすいと思います。

花粉症対策にもなるため花粉症をお持ちの方には一石二鳥のグッズです!
さらに、副作用もありませんのでお子さんにも人気です!

何より、まくらより価格が安く、取っ掛かりやすいので本当におすすめです!

   

 - 睡眠 , ,